電子ブレーカーで電気代削減|知ってお得な節約法

買取とリース

買取とリースがあります

electrical equipment

現在の日本の社会において電気の利用がなければ社会構造が停止してしまう程重要な地位を占めています。しかし、電気を利用するためには電力会社に対して料金を支払う必要があります。近年、電気料金の抑制に役立つ手段として電子ブレーカーが登場するようになりました。 電子ブレーカーを導入するための契約方法には買取とリースの2種類があります。買取は文字通り購入した上で利用する手段です。リース契約は取扱業者と一定期間の借用契約を結んで利用する手段です。取扱業者次第で価格は変わりますが、電子ブレーカーの買取価格は50万円程度が一般的です。リース契約をして電子ブレーカーを導入するならば月々の負担は抑えられますが、満期時点で1割から2割程度割高になります。

電子ブレーカーは省エネに役立ちます

地球環境悪化への理解の深まりと共に省エネ機運が高まっていた日本において、2011年の東日本大震災以来の社会的気運や電気料金の値上げ傾向が続いていることで電気使用に対する削減意識は加速しています。しかし、自助努力だけで電気機器の使用を抑制するためには定期的な確認作業が必要となるため時間的・労力的に限界があると言えるでしょう。 電子ブレーカーを導入することによる電気量のデジタル測定・管理を行えば、効率的に電気の使用をコントロールすることが可能になります。導入費用は安いとは言えませんが、電気使用料金を劇的に抑制することが可能になれば長期的な金銭的メリットがあるだけではなく、地球環境への配慮の一環として取り組むことにも繋がります。